強力猫よけ機で撃退が常識!

常識ヘッダー

猫の糞尿イタズラに困ったらこれ。お庭を守る強いミカタです。お客様満足もダントツNO.1。国内唯一の専門の販売サポート事業部が自信を持っておすすめいたします。5年10年の被害も一瞬で解決することもあります。もう悩まないで、すっきり解決しませんか?

1台12,800円(税込・全国どこでも送料無料)1年利用で1日たったの36円。すぐにでも猫被害を解決したい方は、当社、公式通販より今すぐお申込みください。在庫率100%ですので、すぐにお届け可能です。

移動ボタン

すべての製品と一緒に「6ヶ月の全額返金保証書」をおつけいたします。万が一、効果がなかった場合は、使用中でも全額返金させて頂きます。 また、ご利用中は、専任のプロスタッフが全力サポートいたします。(公式サイト:ガーデンズ通販/運営(株)こうほうえん ガーデンバリア販売サポート事業部/大阪市)

猫よけの常識・非常識 - 知らないと、ずっと猫とにらめっこ!?ねこよけ成功には猫の習性の理解から。基本の基本。

昔から「犬は人につき猫は家につく」と言われます。猫よけをする際に絶対に無視できないのが、猫の習性である「テリトリー意識」です。猫は日常生活のなかで、えさ場、トイレ、昼寝、など縄張りを決めて一定のルート上で行動します。自分のテリトリーを主張するために、尿をかける行為(マーキング)はよく知られています。

次のような、ことをよく耳にします。

芝をはったところ糞をされるようになった。だから猫は芝は好きなんだ。
家庭菜園のふかふかの土に糞をされた。だから猫はふかふかの土が好きなんだ。

芝生への被害や花だんや家庭菜園への糞害は非常に多いので、この考えは、必ずしも間違いではありません。たしかに、その傾向はあります。でも、こんなことも・・・

芝に糞をされるのでコンクリートにしたが、まだ糞をやめない。
土の上に置いた猫よけのトゲトゲの上、そしてそれをどかしてまで糞をしていた・・・

ひどい場合は、車の屋根やボンネットに、家の屋根やベッドの上まで、糞尿をされるケースもあるほどです。つまり、猫はその場所の「“柔らかい”や“芝”などの状態が好きだから」糞をするというより、「その場所をトイレと決めているから」糞をする傾向が非常に強いのです。

とにかく猫の「場所に対する執着心」は想像以上。追い払っても、追い払ってももどってきてしまうのがほとんどです。「猫のタタリ」なんて言葉があるほどですから、猫は場所に「憑(つ)く」と言えます。

【常識1】糞をされるからといって、土であれコンクリートであれ、その場所の素材(質)を変えても被害が完全になくなるとは言えない。

猫よけ110番

猫はかんきつ類やコーヒーなどのにおいが嫌い。

だから、コーヒーや正露丸、かんきつ類やクレゾールなどをまいて猫よけ。でも、一時的に効果はあってもまた戻ってくる。そしてまた、「猫よけに良い」とされる方法を試しては、また撃退失敗。こまった・・・

そんな経験はないでしょうか。

確かに、ネコにも鼻があるので、嗅覚(きゅうかく)が敏感でニオイに耐えられない猫は避けるのかもしれません。でも、ニオイは日に日に弱くなって、やはり、「慣(な)れて」またやって来てしまいます。

つまり、ニオイが何であれ、最初は嫌がっても、警戒に値しなければ慣れてしまうわけです。言ってしまえば、「その猫よけ、全然OK。」とばかりに平然と帰ってきます。

人間の猫よけ策を警戒に値するか、そうでないかをきっちり判断して、大好きな大切な自分のテリトリー(縄張り)に戻ってくるわけです。

【常識2】 最初は嫌がっても、警戒に値しないなら慣(な)れる。見透かされる。

猫は大きな音が嫌い

ノラ猫と目が合っただけ、あるいは声を発するだけ、何か音を立てるだけでも、飛んで逃げていくことも多いですよね。「猫は警戒心が非常に強い」という一般的な習性の表れでもあります。

でも、実は、この習性もすべての猫には当てはまわるわけではありません。庭に侵入してきた猫を声を張り上げて脅したり、何かを叩いて大きな音でいかくしてもその場は追い払うことはできますが、また戻ってきます。

人になれている猫なら、大声をあげようが、大きな音を立てようが動じない。そんなネコに出くわした方もいるかもしれません。ネコが音にびっくりして逃げても、また戻ってくるのは、やはり警戒に値しないと感じ、慣れてしまう能力です。

猫よけグッズである「センサー付ブザー」やなどもしばらくすると、結局慣れられて、効果がなくなるのもこの理由からです。

【常識3】 その音や行為が警戒に値しないと判断したなら、その場は逃げても必ず戻ってくる。つまり、学習する。

肉球の不快感を嫌がる

「猫はきれい好き」という一般的な習性も良く知られています。例えば、猫よけ策の方法のひとつとしてガムテームや両面テープを使うケースがあります。効果を発揮している、という声もあります。

また、卵の殻を砕いてばら撒いておくと、その上を歩くと肉球にチクチクを感じて、その場所を避けるらしい」という話もあります。卵の殻はよく乾燥させてから砕かないといけないとか。

しかし、庭全体に敷き詰めるとなると数万円~かかるうえ、見た目が恐ろしくなります。小さなお子さんのいる家庭では危険です。また、「トゲトゲを食いちぎった。」、「足でどけてフンをした」という報告も多数寄せられているので、万全とは言えません。

【常識4】 猫は肉球の不快感を嫌がるが、避けられる場合は避けて通るし、フンもする。

保健所が捕獲してくれる

動物愛護管理法の改定などで、簡単に捨てたり、捕獲できる時代は昔の話。だから保健所に連絡しても、法律の壁があるため事態の改善はあまり期待できないのが現状です。

無責任に餌付けをする人や、マナー意識の低い飼い主などは口頭などで注意する、程度のことならやってくれる場合があるので、一度ご相談するのもひとつの方法でしょう。

また、愛護団体に相談するのもひとつの手です。ノラ猫の保護について専門的な知識や経験も多くお持ちでしょうから、きっと相談に乗ってくれるでしょう。

猫よけグッズである「センサー付ブザー」やなどもしばらくすると、結局慣れられて、効果がなくなるのもこの理由からです。

【常識5】 野良猫も含め、すべての猫は法律の保護下にあるため、行政(国)でも対応しようがない。行政が根本策を打ち出すか、人々のマナー意識を高める以外、野良猫の繁殖を防ぐ方法はない。

「猫よけ」は、結局は「猫のしつけ」

完全な猫よけ対策は2つしかありません。

(1)侵入を完全に防止する。
(2)「この場所は嫌な場所である」と学習させて来なくさせる。

「学習させる」は言い方をかえると「しつけ」と言えます。縁もゆかりもないよその猫やノラネコをなんで自分がしつけないといけないのか意味がわかりませんが、教えこむのがもっとも効果的なのです。

ただ、「猫のしつけ」は飼い主でも苦労することが多いようで、まして野良猫や、よその家の飼い猫をしつけるとなると想像を絶する大変さかもしれません。

【常識6】 「猫よけ」は「猫のしつけ」。しつけてしまえば猫よけできる