猫よけ方法(基本)

猫よけの基本は、何と言っても継続性です。
継続なくして迷惑ネコ撃退なし!

1度や2度薬をまいただけで、縄張りをあきらめるほど猫は甘くはありません。
おそらく多くの方が実感していると思います。
追い払っても追い払ってもまたやってくる。
とにかくガンコ、しつこい。
もし、3ヶ月以上糞被害が続いているなら、そこは完全に猫のトイレ(縄張り)です。

猫よけ対策を継続して被害を解消しましょう。

猫の習性

ご存知のように猫は縄張りを決めて行動する動物です。
半径数百メートルの中で食事場、昼寝の場所、トイレ、社交場と区別して徘徊します。
さらに、それぞれの場所に対する執着が異常に強く、簡単にはあきらめめあせん。

トイレと決めたらそこがトイレで、そう簡単にはパターンを変えることはありません。
人の家の庭だろうが、公道だろうが猫はお構いなし。
場合によっては戸建ての屋根が猫のトイレになっている場合さえあります。
玄関前がトイレやマーキング(尿)場所なんてケースはそこらじゅうで見かけます。

しかし、飼猫のシツケができるように犬と同じく学習能力があります。
シツケをするには猫の苦手なことを繰り返し行なって教えます。
これを猫よけの方法として応用します。

対策例

猫は繰り返し教えればちゃんと学習します。
飼猫の場合は、テーブルに乗るのをやめさせるなら、乗る度に大きな声で叱って、乗らなくなるまで(学習するまで)継続します。

しかし、これが庭に来るノラネコとなると、そんなことはとてもできません。

そこで、薬剤などに頼ることになります。

もっともポピュラーなのはホームセンターなどで入手できる忌避剤(きひざい)ですね。
猫がいやがるニオイ成分を利用した顆粒状の薬剤。
これを猫が来る場所にまきます。

繰り返しになるが、1回や2回まいただけではダメで継続が必要。
いつまで継続するかというと、猫が来なくなるまで。

ただし、このような忌避剤で対策する場合のポイントが2つあります。

(1) 糞尿の場所はキレイに!
  ※絶対にニオイを残さない!土はごっそり取るか、におい消しの薬剤をまく。
  コンクリートやタイルの場合は、ブラシでゴシゴシ徹底的に水洗いする。
  これはバリア設置前の基本作業と同じ!

(2) 複数の忌避剤を交互に利用
  ※人間がニオイに慣れるように、猫もニオイに慣れる。
  つまり、1種類の忌避剤に慣れられてしまうと、その方法はオシマイになる。
  なんと、こちらもバリアの変動超音波と同じ理屈!

複数種類の忌避剤を用意し、すくなくとも3ヶ月くらいの期間に渡り、交互にまきます。
さらに、ニオイ効力が弱くならないよう常にチェック。
雨で流れたり、ニオイ成分が気化してしまうと、猫はここぞとばかりにやってきます。

継続も大切ですが、慣れられないこともとても最重な課題です。

被害が始まってあまり時間が経っていないケースでは、この方法はかなり成功率が高いです。
「まだ被害が始まったばかり」という方は大至急、作業にとりかかりましょう。



臭い臭いニオイ。もううんざり。
夏が来る前に爽やかな空気を取り戻しましょう!