電池の消耗とスイッチ切替について

ガーデンバリアの電池はどれ位もちますか?

電池の消耗は、センサーの反応回数によって前後します。
GDXタイプの場合、1日10回反応(超音波を照射)したとして、約6ヶ月もつ計算です。
ミニタイプの場合は、1日10回反応(超音波を照射)したとして、約4ヶ月です。
(電池の種類やご使用環境により異なります。)

ガーデンバリアGDXのスイッチは昼夜モード(24時間作動)と、夜間モードがあります。夜間モードは、日没から夜明け(光センサーにより10ルクス以下)のみ作動するモードです。「夜間に限って糞をされる」という場合に最適ですが、通常は昼夜モードをご利用ください。
なお、電池残量スイッチもついており、残量がある場合は緑のランプが点灯、無くなると点かなくなります。

※ガーデンバリア・ミニには、このようなスイッチはなく、【ON・OFF】の切替のみです。

猫以外に無駄に反応させると電池を消耗してしまいますので、くれぐれも車や人の往来のある道路方面に向けたり、人の出入りの多い玄関前や通路には設置しないでください。これらの設置方法は間違っているため、十分な効果が得られなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です