だれも助けてくれない社会問題

日中・夜間問わず、野良猫が敷地内に糞尿をする。捕獲して保健所に連れて行きたいです。

もともと猫が嫌いな訳ではないのに、自宅の庭や敷地内で毎日毎日糞をされて、ストレスが溜まり、上記のように仰る方がたくさんいます。
しかし、日本では「動物愛護管理法」という法律で猫は保護されています。これは野良猫、飼猫関係なく愛護動物とされているため、安易に駆除したり退治すると、人間が処罰を受けてしまいます。市や保健所などで処分や捕獲することもできません。

この点については、ご存知の方が多いのですが、猫よけの方法については、ウワサレベルの対策をあれこれ試してはうまくいかず、お悩み方がほとんどです。

戦うためには、何よりも敵を知るのが大条件です。相手も知らずに戦っても勝てないのは、スポーツの世界などと同じです。

敵を知る、つまり、猫を知るのが、猫よけ成功の第一ステップです。「猫の習性は?」「猫の行動パターンは?」「猫の苦手なことは?」など、出来る限り多くの知識を得て、初めてまともに対処できるようになります。

また、「我が家はお隣の飼猫のトイレにされている」といったケースでは、猫を知っただけでは不十分で、ご近所付き合いにも慎重にならなければいけません。

たまに、猫に関するニュースが話題になりますが、実は、ニュースになっていないトラブルは、毎日のように発生しています。そんな状況のなか、ガーデンバリアは平和的に猫の問題を解決します。策の尽きた方や、これ以上無駄な時間やお金を掛けたくない方に、是非ご利用いただきたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です