猫によって効果が出るまでの期間が違います

ガーデンバリア設置後、幾分猫のフンの回数が減ったように思いますが、それでもまだ週に2回程度のフンがあります。設置角度を変える等の工夫もしていますが、効果がないようです。2か月が経ちますが、今後の対応で適切なものがあれば教えてください。

ガーデンバリアを設置後、効果が出るまでの期間は猫や環境によって違います。すぐに効果の出る猫もいるのですが(全体の約20%くらい)、たいていのケースでは2週間から2、3ヶ月かけて、徐々に効いてきます。

つまり、今まで毎日のように糞をされていたのが、2日に1回になり、1週間に1回になり、というふうに徐々に頻度が減ってきます。そして6ヶ月も経てば、全体の約60%のケースでは、ほぼ被害が解消されます。

ただし、一見来なくなったかのように見える猫が、実は周辺から糞のタイミングを虎視眈々と狙っていることも多いです。「1年が過ぎて安心していたところ、電池切れのタイミングでやられた!」というご報告もよくいただきます。

猫対策は、とにかく時間がかかります。それだけ縄張り意識が強いのが猫なのです。効果のない対策をいくら繰り返しても、解消されないのはこのためです。ガーデンバリアは、変動超音波による慣れ防止対策が徹底されておりますので、もっとも効果的です。

はじめは効果があまりないように見えても、根気よく設置し続けることにより、糞被害を撲滅することが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です